HOME > ドキュメンタリー > アリラン

アリラン

キャスト
キム・ギドク
スタッフ
監督・脚本・製作・撮影・編集・音響・美術・出演:キム・ギドク
製作年
2011年
製作国
韓国
原題
Arirang
コピーライト
(C) 2011 KIM Ki-duk Film production.All Rights Reserved.

世界三大映画祭を制覇した鬼才 キム・ギドクが放つ究極の“自問自答(セルフ)”ドキュメンタリーにして、前代未聞のエンタテインメント!

商品情報

商品規格品番価格(税込)注文数
DVD MX-472S ¥4,104

カゴに入れる

アリラン DVD
[MX-472S]

体裁:カラー/16:9 ビスタ/片面1層/本編 91分+特典 約20分/音声:1.オリジナル韓国語〈ドルビー・デジタル・モノラル〉/字幕:1.日本語
特典:監督インタビュー&来日記者会見、劇場予告編

解説

「私は今、映画を撮れない。だから自分を映画にして撮っている。そのなかで、私自身の人生を語り、映画監督キム・ギドクと人間キム・ギドクを語る。これは、ドキュメンタリーでもドラマでもあり、ファンタジーでもある。(中略)何の計画もないが、今、何かを撮らなければ幸せになれないから、自分を撮っている」
キム・ギドク、復活!カンヌ、ベルリン、ヴェネチアと世界三大映画祭の全てを制した鬼才が、長きにわたる沈黙を破って発表した傑作ドキュメンタリー、待望のDVDリリース!!
1996年、『鰐』でキム・ギドクは映画監督としての第一歩を踏み出す。以降、『魚と寝る女』などへの高評価をきっかけに世界的な名声を手に入れてからも、ほぼ1年に1作以上のペースで作品を撮り続けてきた。しかし、オダギリジョーを主演に迎えた話題作『悲夢』を最後に表舞台から姿を消してしまう。沈黙の3年―彼は山小屋で一匹の猫と隠遁生活を送っていた。本作は、その最中にキム・ギドク自身によって撮影されていたドキュメンタリー映画である。
撮影中の不幸な事故、仲間の裏切り、自作への韓国国内での評価の低さ、くすぶり続ける劣等感。栄光の影で人知れず傷を深めていった男の葛藤と悲痛な胸の内が、カメラに向かって語られる。しかし、本作は一映画監督の心情の吐露のみに終始しない。第二、第三のギドク、そして“影”までもが現れ、語り、ユーモラスに、サスペンスフルに展開していく物語は、“ドキュメンタリー”というジャンルを越えた、映画史上類を見ないエンタテインメントへと昇華していく。
世界中が待ち焦がれていた異端児の復帰作『アリラン』は、2011年のカンヌ国際映画祭〈ある視点〉部門で最優秀作品賞を受賞。根強いファンの多い日本でも、同年に開催された東京フィルメックスで観客賞に輝いている。『アリラン』というタイトルは、“自らを悟る”という意味を持つ朝鮮の代表的な民謡から取られた。坂道を上っては下る…人の生の在り様を表しているかのようなこの歌を、ギドクは作中で何度も口にする。その旋律と歌詞は監督自身の栄光と挫折だけではなく、それぞれの道の途上で困難を経験する私たち自身の人生を象徴しているかのように響いてくる。カンヌ国際映画祭の授賞式、登壇したキム・ギドクは「アリラン」を熱唱。会場は鳴り止まないスタンディングオベーションに包まれた。

セールスポイント

・世界三大映画祭(カンヌ・ベルリン・ヴェネチア)を制覇した鬼才 キム・ギドクが3年に及ぶ沈黙を破って発表した異形の傑作!
・山奥での隠遁生活、繰り返される自問自答――その果てに生まれた究極のドキュメンタリーにして前代未聞のエンタテインメント!
・第64回 カンヌ国際映画祭〈ある視点〉部門最優秀作品賞受賞!
・第12回 東京フィルメックス 観客賞受賞!
・渋谷 イメージフォーラムをはじめ、全国20館以上で上映!
・キム・ギドクが製作総指揮・脚本を手掛けた映画『プンサンケ』が8月18日より順次全国公開!

作品レビュー新規コメントを書き込む

商品検索

人気商品から選ぶ

キーワードから選ぶ

全商品から検索

MAXAM会員

MAXAM DIRECT SHOP 会員の方は ログイン してからお買い物をお楽しみください。

ログイン

現在のカートの中

購入アイテム数:0点

合計金額:0円

カゴの中の詳細

各種クレジットカードでのお支払いがご利用頂けます。
お電話・FAXでも御注文頂けます。フリーダイヤル:0120-124-577(受付:月~金 / 10:00 ~ 18:00) FAX:03-3358-8858(24時間受付)
このページのTOPへ
プライバシーポリシー | セキュリティーポリシー | 特定商取引法に基づく表示