HOME > ドキュメンタリー > 『A・A2セット』キャンペーン価格

『A・A2セット』キャンペーン価格

スタッフ
監督・撮影・編集:森 達也/製作・撮影・編集:安岡卓治/編集助手:吉田 啓/音楽:朴 保(パク・ホー)
製作国
1998
原題
日本
コピーライト
(C)「A」製作委員会

僕らはあの事件からまだ何も学べていない。

商品情報

商品規格品番価格(税込)注文数
DVD2枚組 MX-127S-128S ¥8,000
定価¥10,368

カゴに入れる

『A・A2セット』キャンペーン価格 DVD2枚組
[MX-127S-128S]

『A』
発売日:2003.07.25
収録時間:135分+特典映像(劇場版予告編)
体裁:カラー/音声1.オリジナル音声〈日本語〉/英語字幕/片面2層/特典:劇場版予告編、12P冊子(解説文:村上春樹、森達也)

『A2』
発売日:2003.07.25
収録時間:126分+特典映像(劇場版予告編)
体裁:カラー/音声1.オリジナル音声〈日本語〉/英語字幕/片面2層/特典:劇場版予告編2種(DVD版のみ)、12P冊子(解説文:吉岡忍、森達也)

解説

『A』
あの“地下鉄サリン事件”から半年が過ぎ、マスコミの熱狂的なオウ真理教(現アーレフ)報道が続いていた1995年9月。テレビディレクターである森達也は、教団の広報担当者 荒木浩を被写体としたオウム真理教についてのドキュメンタリー番組の企画を立ち上げた。翌年3月に撮影は始まるが、2日間のロケを済ませた段階で、オウムを絶対的な悪として描くことを強要する番組制作会社のプロデューサーと衝突、これ以降、契約を解除された森は自主制作として、このドキュメンタリーを進行させることになった。

数カ月後、単独で撮影していた森は、数々の自主制作映画をプロデュースしてきた安岡卓治に出会う。ラッシュを見た安岡は、本作への参加を決め、撮影・編集の補助及び製作を担当する。1997年4月までの約1年間、森と安岡はオウム施設内部に視点を置きながら、社会とオウム、双方を撮り続けた。その後136時間に及んだ素材テープを編集し、同年10月の山形国際ドキュメンタリー映
画祭に出品、そして企画立ち上げから2年4ヶ月後の1998年1月、BOX東中野にて一般劇場公開が実現された。その後、大阪、名古屋、札幌他、大都市の独立系単館劇場で公開される。

本作は公開後、賛否両論、様々な方面から物議をかもした。権力やマスコミへ批判と読み解く人もいれば、青春を描いたドキュメンタリー作品として高く評価する人もいる。つまり、善し悪しを別にしても、それだけ多くの人々が本作に関心を寄せ、社会に波紋を及ぼした作品である事は明白だ。事実、本作の注目度は日本国内だけに止まらない。ベルリン、釜山、香港、バンクーバー等、各国の映画祭に出品され、いずれも大きな話題と反響を呼んだ。

森達也は本作において、“なぜ事件が起きたのか?”という過去形の疑問ではなく、“なぜ事件が起きたのに今も信者であり続けることができるのか?”という現在進行形の疑問への解答を求め、ファインダーに収め続ける。そして、この疑問が目指すベクトルは、オウムの“中”ではなく、オウムの“外”、即ち、この時期彼らを包囲し、今も包囲し続ける“日本人総体のメンタリティ”にその解答があることに気付く。こうしてオウム信者たちの現実を通じて、彼らを包み込む日本人のメンタリティを炙りだす事が、本作の主眼となったのだ。様々な論議を呼んだ、歴史に残るであろう本作品。日本人として、人間として、観ずには済まされない現実を今、あなたは目撃する。

『A2』
1998年1月。オウム真理教(現アーレフ)の広報担当者 荒木浩を主体とした、出家信者たちのドキュメンタリー作品『A』が発表された。瞬く間に反響を呼んだこの作品の注目度は日本国内だけに止まらず、各国の映画祭に正式招待される。
監督はフリーランスのディレクター、森達也。彼は『A』を完成させた直後、こう断言する。“オウムについての自分の表現は終了した。しかし1999年9月。『A』撮影終了から2年半の長い断絶を経て、森は再びカメラを手に、退去直前の足立区のオウム施設を訪れた。
『A』がクランクアップした1997年4月以降、日本社会はまるで歯止めが外れたように急激に変質した。残虐で理解不能な犯罪が頻発し、ガイドラインや通信傍受法案、国旗国歌法案に住民基本台帳法案などの数々の法案があっさりと成立。『A』撮影時に一旦は棄却された破防法は、団体規制法(オウム新法)として復活した。高まるばかりのオウムへの憎悪を背景に、地域住民のオウムへの排斥運動は急速に激化する。“3年前には、ここまで日本社会が急速に劣悪化するとは思わなかった。”再びカメラを手にした理由を訊ねられた森は、言葉少なくそう語った。『A2』撮影中、オウム排斥運動に関わる住民と信者との軋轢が一番激しいとされていた地を訪ねると、不思議な共有関係が築かれていた。この体験は、『A2』にとって大きな核となる。マスメディアを通したイメージでしか捉えていなかった信者に、実際に接することで生じた住民たちの戸惑いや煩悶。同時に社会と断絶したはずの信者たちも、住民の情感や不安に触れることで、再び社会と向き合い、事件についての葛藤を迫られる。オウムを通じて日本社会の歪んだ断層を暴いた監督は、前作を遥かに上回る深度で切り込みながら、信者たちの内側にある矛盾、さらには社会の側に生まれ始めた“受容への萌芽”を本作で描き出した。
『A2』完成後の2001年12月、森は著書「『A』マスコミが報道しなかったオウムの素顔」(角川文庫刊)のあとがきで、こう語っている。事件(地下鉄サリン事件)直後、社会はもっと煩悶していたはずだ。“なぜ宗教組織がこんな事件を起こしたのか?”という根本的な命題に、必死に葛藤していた時期があったはずだ。事件から6年が経過した現在、オウムの側では今も葛藤は続いている。でも、もう一つの重要な当事者であるはずの社会の側は、煩悶を停止した。(中略)僕らはオウムの事件からまだ何も獲得できていない。剥きだしになっただけだ。だからこそオウムをこんな形で風化させてはいけない。日本をこんな形で収束させてはいけない。

「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい」

『A2』のキャッチコピーであるこのフレーズに、本作編集中におきた9・11とその後の世界に対しての、森の祈りが込められている。

お知らせ

『A』
とにもかくにも面白い。私は『A』だけでも3回見た。(中略)
デフレ時代にあってビデオは高額だが、それだけの価値が
十分にある。芸術品には相応の対価を払うべきだから。
さあレジへ行こう。
有田芳生(ジャーナリスト)

森達也は正真正銘のハンターだ。小型DVカメラを武器に
単身で獲物に挑む。このハンターは曲者である。
毒気をエンターテイメントにくるむ術を心得ている。
獲物はニッポン。疾駆せよ、森達也!
原 一男(映画監督)

1998年度「キネマ旬報」ベスト・テン第13位
1997年 山形国際ドキュメンタリー映画祭 出品
1998年 プサン国際映画祭 正式招待作品
1999年 ベルリン国際映画祭 正式招待作品
1999年 香港国際映画祭 正式招待作品
1998年 バンクーバー国際映画祭 正式招待作品
2001年 ベイルート国際映画祭 正式招待作品

『A2』
この国を構成しているのは社会ではなく世間なのだということを『A2』を観て改めて認識しました。面白かったです。
庵野秀明(映画監督)

「果たして、私たちはテロリストと友達になれるのか?」これはアメリカの問題ではない。
いま、この日本において、オウム事件を経験した私が目をそらさずに向き合うべき私の問題だ。
田口ランディ(作家)

2002年度「映画芸術」ベスト・テン第8位
2002年度「キネマ旬報」ベスト・テン第23位
2001年 山形国際ドキュメンタリー映画祭 市民賞&特別賞W受賞
2001年 ダマスカス国際映画祭 正式招待作品
2002年 シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭 正式招待作品
2002年 台湾国際ドキュメンタリー映画祭 正式招待作品
2002年 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 正式招待作品

作品レビュー新規コメントを書き込む

商品検索

人気商品から選ぶ

キーワードから選ぶ

全商品から検索

MAXAM会員

MAXAM DIRECT SHOP 会員の方は ログイン してからお買い物をお楽しみください。

ログイン

現在のカートの中

購入アイテム数:0点

合計金額:0円

カゴの中の詳細

各種クレジットカードでのお支払いがご利用頂けます。
お電話・FAXでも御注文頂けます。フリーダイヤル:0120-124-577(受付:月~金 / 10:00 ~ 18:00) FAX:03-3358-8858(24時間受付)
このページのTOPへ
プライバシーポリシー | セキュリティーポリシー | 特定商取引法に基づく表示